ニコダーム


科学の力で禁煙をすすめよう。

米国FDA(食品医薬局)が認可し、その有効性から現地では日常的に使われている禁煙パッチの登場です。

ニコチンの依存性は非常に強く、急激に摂取をやめてしまうとイライラや動悸、息切れ、重度のストレス障害に陥ってしまう事さえあります。そこで、ニコダームのパッチを肌に張ることで、直接ニコチンを血中に浸透させ、体内に喫煙状態を作り出します。
まず吸う習慣から改善していき、3段階のプログラムで無理なくタバコを遠ざけることができます。
また、タバコの含むタールや一酸化炭素といった有害物質を摂ることなく、安全にニコチンのみを摂取できます。

1日に1枚、肌の平らで乾燥している部分に貼ります。

<使用方法>
(1)喫煙を始める日を決め、ステップ1のパッチを貼って下さい。
最初の6週間は最もニコチン含量の高いステップ1を使います。
(1日の喫煙量が10本以下だった方はステップ1の代わりにステップ2を使います。)
(2)次に、禁煙を始めた日から数えて7〜8週間目はステップ2のパッチを使います。
(1日の喫煙量が10本以下だった方はステップ2の代わりにステップ3を使用して下さい。)
(3)次に、禁煙を始めた日から数えて9〜10週間目はステップ3のパッチを使います。
(1日の喫煙量が10本以下だった方は9週目以降ニコダームを使用していただく必要はありません。)

■1日の喫煙量が10本以上の方 (10週間プログラム)

第1週〜第6週目 『ニコダーム・ステップ1(21mg)』を2箱使用。
第7週〜第8週目 『ニコダーム・ステップ2(14mg)』を1箱使用。
第9週〜第10週目 『ニコダーム・ステップ3(7mg)』を1箱使用。


■1日の喫煙量が10本以下の方 (8週間プログラム)

第1週〜第6週目 『ニコダーム・ステップ2(14mg)』を3箱使用。
第7週〜第8週目 『ニコダーム・ステップ3(7mg)』を1箱使用。


※18歳未満の方は本品をご使用前に医師にご相談ください。
※本品をご使用の際は喫煙しないでください。
※ニコダームは、ステップ1〜3を上記プログラムに基づいて継続使用する事が必要です。
上記プログラムを完全に終わらせることにより、禁煙の成功率を高めることができます。
※ステップ1のみではなく、ステップ2、ステップ3を使用することにより、徐々にニコチン量を減らすことができます。
※24時間ごとに本品1枚を肌の乾燥していて毛のない清潔な部分に貼り変えてください。
※本品を肌に完全に密着させるため、肌に貼った後、10秒間押さえてください。
※本品を肌に貼ったり剥がしたりした後は手を洗ってください。
※本品各パッチは16時間もしくは24時間継続してお使いになれます。
※起床時に喫煙したくなった際は、本品1枚を24時間ご使用ください。
※本品の使用によって睡眠障害の症状が現れた際は、就寝前に本品を肌から剥がし、翌朝新しいパッチを使用してください。
※本品を毎回違う箇所に貼ってください。
※本品を1日1枚以上ご使用にならないでください。
※本品を小さく切ってご使用にならないでください。
※本品の作用が薄れますので、1枚を連続して24時間以上ご使用にならないでください。また、1枚を24時間以上ご使用になられますと、肌の炎症の原因ともなります。
※本品を室温に保管ください。

ステップ1 ⇒ ニコチン 21mg
ステップ2 ⇒ ニコチン 14mg
ステップ3 ⇒ ニコチン 7mg

■本製品は、禁煙される方の使用にだけ供するものです。 ニコダームの使用中に、噛みタバコやニコチンガムなどのニコチンを含有する製品を使用すると、ニコチンの過剰投与状態になります。 心臓病、最近心臓発作のあった方、不整脈がある方は、係り付けのお医者様に相談してください。 医薬品では管理できない高血圧症の方は、ニコダームCQを使用すべきかどうか係り付けのお医者様に相談してください。 抗うつ剤や喘息治療薬の投与を受けている方は、禁煙されることを係り付けのお医者様に伝えるようお勧めします。これらの薬の処方量の調整が必要になるかもしれません。

■接着テープ粘着テープなどに皮膚アレルギーを持つ方は、他の人よりも発赤する恐れがあるので、ニコダームを使う前にお医者様に相談してください。ニコチンは乳児の心拍を速めます。まず、ニコダームを使わずに禁煙されるようお勧めします。どの薬でも同じですが、妊娠あるいは授乳中の女性は、本製品の使用について医療専門家に相談してください。
18才未満の場合は、本製品の使用前にかかりつけの専門医にご相談ください。

■皮膚に発赤が見られ4日経っても消えない場合、あるいは、皮膚が赤く腫れたり、心臓の鼓動が乱れたり冷汗をかくような場合は、ニコダームの使用を中止してください。また、悪心・嘔吐・めまい・動悸などのニコチン過剰投与の症状が現われたら、ニコダームの使用を中止してください。タバコを嚥下した子供に現われる発作もこの症状に含まれます。

■この製品並びに医薬品はお子様の手の届かないところに保管してください。
使用済みのニコダームもお子様やペットの手の届かないところにおいてください。
特に、使用済みのパッチは両端を貼り合わせ、本製品の箱に在中の廃棄用トレイに入れてください。
偶発的に、ニコチンの過剰投与が起きた場合、直ちに、医療専門家または毒物取扱専門家にに相談することをお勧めします。


商品ページへ

   
      Copyright(C)2012 zeroban.net All Rights Reserved