レヴィタCORコンディショナー190ml
レヴィタCORコンディショナー特大サイズ925ml



ナノ技術、生体接着性技術、幹細胞技術を駆使!
これまでに類の無い毛髪育成活性コンディショナー
スペクトラルDNC、レビタシャンプーなど画期的育毛関連商品製造のDS LABORATORIES社から新登場!

生体接着性マイクロスフェア
マイクロスフェアは走査電子顕微鏡を通して見ることが可能で、レビタCORコンディショナーは最先端の毛髪再育成技術を駆使し、総合的な毛髪育成分子の統合とその効率的な伝達の新機軸を打ち立てました。さらに注目すべきことは、これらのハイパフォーマンスな成分が、疎水性、生体接着性、陽イオンを帯びたマイクロスフェアとカプセルに包まれることで、さらに深く浸透、そしてさらに長く結果を持続することです。直径1ミクロン以下の粒子が、水泳中や汗をかいている時でも毛髪育成に最大限に寄与します。強力でアクティブな成分がレビタCORに配分されており、それぞれが治験を通して評価され、毛包機能不全から好ましい頭皮の活力まで大きな結果を与えるように配合されています。通常、毛包は組織再生のための基幹細胞を保持しており、そしてそれらは生涯を通じて髪の生育を継続させる健康的な再生能力を示しています。そして、植物性基幹細胞を配合したレビタCORは、人間の基幹細胞と同様の柔軟性を多く示しています。基幹細胞以外にも、レビタCORは、保護し滋養を与えそして深く調整する多くの成分も配合されています。

レビタCORは保護効能のある数多くの混成物を配合しています:
アピゲニンは酸化防止と抗炎症結果、カフェインはテストステロンの正常化、朝鮮人参は毛包の延命と酸化防止結果、ナノ銅ペプチドは抗炎症結果と組織改築結果、スピントラップは強力な活性酸素抑制結果、そして亜鉛は300以上の酵素の機能最適化に必要です。 レビタCORは滋養結果のある複数の成分を含んでいます:
アルギニンは酸化窒素の前代謝物質、シルトリンはアミノ酸、イノシトールは循環アルコール、ルピナス抽出物はペプチドや微量元素とビタミンが豊富、そしてチロシンはアミノ酸で血漿伝達レベルを増加させることで知られています。
レビタCORは高度な調整果があるさらに二つの成分を組み入れています:
ビオニルトリペプチド-1は頭皮の調整を行う作用があり、そしてナイアシンアミドはアロマ成分の異種環状化合物です。

生体接着性技術
 レビタCORの生体接着性技術は、コンディショナーでは唯一のもので、レビタC ORは、疎水性、生体接着性の陽イオンの帯びた直径1ミクロン以下のマイクロスフェアの中にあるアクティブな成分を伝達することにより、水泳中でも発汗中でも毛髪生育を最適化します。この伝達システムの微粒子のサイズは 0.1~1.0μmで、毛髪、皮膚そして毛包へ他のシステムよりさらに深く浸透させることを可能にしました。これら次世代の伝達システムにより、アクティブな成分が頭皮に粘り強く接着して毛髪がリンスされた後も、12時間以上結果が長続きします。

固体のマイクロスフェアは水分を弾くだけではなく、安定性も向上させて製品の有効期間も延ばしています。そして、成分をゆっくりと時間を掛けてリリースすることを可能にしています。それは、粒子内のアクティブな成分を守りそして環境的要因による化学的反応を抑えます。 レビタCORはその生体接着性と陽電子を帯びたマイクロスフェアが、毛髪と頭皮を作るタンパク質が豊富な物質に絡みついて離れないことにより、これらの効能を発揮します。 治験において、人毛は1%のフリーフォームの成分を含んだシャンプーまたは1%の生体接着性、陽イオンを帯びたカプセルに包まれた同じ成分を含んだシャンプーを使用して行われました。

その後、毛髪のサンプルは、ガスクロマトグラフィー、質量分析法、頭上の芳香測定、そして臭いの専門家達による主観的評価により分析されました。 24時間後、カプセルに包まれた成分はフリーフォームの成分より10倍も強い結果を示しました。それは、さらに長く残っていました。 他の治験では、6%のローションを用いたフリーフォームの成分とカプセルに包まれた6%のローションを比較し、皮膚抽出技術とクロマトグラフィー分析を用いて皮膚浸透深度が決定されました。一方の前腕の内側がテストコントロールサンプルとして使われ、もう一方の腕がカプセルに包まれたサンプルのテストに使われて、15.5cm²の範囲に0.25グラムが1分間適用されました。両腕は洗われて乾燥されました。その後1.5mlのエタノールが皮膚に30秒置かれ、その断片が集められ、そしてその全ての手順を3回繰り返しました。



結果は、2倍のフリーフォームの成分が皮膚の表面の層の後ろに残っていた一方で、生体接着性カプセルに包まれた陽イオンを帯びたマイクロスフェア成分は、皮膚のさらに下層に2倍残っていたことを浸透分析で確認しました。放出速度分析でも、2、4、6時間後でもアクティブな成分が持続し、それに対して多くのフリーフォーム成分は散失していたことを示しました。

基幹細胞技術
 他のコンディショナーとは異なる基幹細胞技術のレビタCORは、最先端の植物ベースの基幹細胞を組み入れて、人毛の毛包の発達と生育を刺激する配合がなされています。

基幹細胞の役割
 頭皮で上皮基幹細胞は毛包、皮脂腺または包皮間表皮を区別します。各系統は正常な組織の恒常性と更新のための専用の基幹細胞を貯蔵しています。病気や怪我に対して、ある基幹細胞は新しい場所に移動して増殖する信号に反応して、損傷または取り除かれた常駐基幹細胞を修復するために動員されます。 健康な毛包は、生涯を通じて毛髪の成長を維持するたくましい再生能力を有しています。基幹細胞が傷をどのようにして修復するかを理解することは、毛髪をどのようにして再生するかを理解する上で重要です。 各毛髪の毛包にバルジ細胞があり他の上皮細胞より低い頻度で分裂します。それらは、新しい上皮を生成する成長サイクルの開始時に活性化されます。ある研究実験では、基幹細胞の一つのバルジを毛深いマウスから取り除き、そして無毛のマウスに移植したところ、それらは新しい上皮を正常なサイクルで生成しました。他の実験では、鶏の羽の基幹細胞を移植したその足の表皮が羽を実際に生成しました。

毛髪成長サイクル
 上皮とその付属器官-毛包と皮脂分泌線-は微生物を追い出し身体の液体部分が中に入らないように保護するバリアーを提供します。環境からの攻撃と傷に対し継続的な自己代謝により対抗します。 基幹細胞は、この新しい上皮組織を生み出すためにあります。それらは、基底細胞層内で増殖し、胚芽層とも呼ばれ、上皮細胞の基底層が継続的に分裂し表面に移動して壊死してケラチンに富む角質層の細胞と入れ替わります。 表皮は附属器官を生み出す能力が突出してます。表皮上で、主要な付属器官は毛嚢脂腺器官で、毛髪と皮膚の表面を潤滑する皮脂分泌腺を生成する毛包を含んでいます。上皮が下層の真皮へ下降侵入してプラコード-プレートのような未発達な外胚葉が厚くなったもの-を形成して形態形成が始まり、その形成過程は周辺細胞の合図に依存しています。 下にある真皮細胞が凝結して乳頭を形成し、それは根元を養成する網状のプロセスです。毛包が発達するにつれて、それは濃度の高い細胞の形成組織に包まれます。その後、形成過程の毛包の大体真ん中より下に位置する球部内の基幹細胞が増殖して、毛髪の成長をガイドする溝の働きをする内部毛根鞘を形成します。 毛髪の成長期間は、毛周期と呼ばれ、通常数年間続きます。その後の期間は、退行期と呼ばれ、数週間続き、下部毛包の3分の2の壊死と消失を伴います。その後、皮膚乳頭がバルジへ向かって上に移動し、毛包の残りは休止期と呼ばれる停滞期に入り、サイクルが再び始まる化学的サインが出るまで待機します。毛包が男性型脱毛症(男性型ハゲ)または他の病気の影響を受けない限り、一つの毛包形成サイクルは人の一生を通じて何回も起こります。バルジから退化と再生が繰り返される現象が基幹細胞がそこに集中していることの発見に繋がりました。脱毛症、成長期の減少、そして休止期の増大がなくても、通常頭皮の老化により髪は減少します。おそらく成長期を刺激するのに必要な、化学的信号を発するのが段々困難になってくるためです。

レビタCORの基幹細胞
毛包の基幹細胞の新たな理解により、レビタCORコンディショナーのような、エキサイティングな髪の再生のためのバイオ技術フォーミュラの新たな進化に結びつきました。未発達の基幹細胞はどの組織にでも発達出来ることを我々は知っており、正常な皮膚には傷の後にそれ自体を再生するそのような細胞があり、ある動物からの基幹細胞が他の動物の毛包で発達することも知っています。 バルジ基幹細胞への新たな適用は毛包不調の対処法となります。培養された表皮基底角化細胞は既に火傷の患者に使用されています。しかしながら、人間の基幹細胞は入手が難しく、そしてその利用は倫理的な問題をはらんでいます。植物性基幹細胞を配合したレビタCORは、人間の基幹細胞と同様の柔軟性を多く示しています。革命的な植物の基幹細胞から得た植物性作用物質が人間の表皮基幹細胞を保護して刺激を与え、そして多くの頭皮の老化の兆候を予防します。 人間の表皮基幹細胞の活力拡大は、現在最先端のバイオ技術研究が毛髪再生に生かされています。最近の試験管試験でアクティブな植物成分が人間の間葉系幹細胞の成長を刺激して、それを紫外線から守る働きを示しました。毛包に対して行われた試験では、植物ベースの基幹細胞が毛包細胞を若返らせそして老化を遅らせました。

毛髪生育に寄与
レビタCORコンディショナーは人間の頭皮の健康と毛包の生産性を持続させる先例のない新しい可能性を提供し、そして植物ベースの基幹細胞を適用することで脱毛を遅らせ髪の後退を最小限に食い止めます。
レビタCORに配合された保護成分と数多くの成分が保護結果を発揮します:
アピゲニン(抗酸化と抗炎症結果)、カフェイン(テストステロンの正常化)、朝鮮人参(抗酸化結果)、ナノ銅ペプチド(抗炎症と組織改築)、スピントラップ(フリーラジカルの抑制)、そして亜鉛(酵素機能の適正化)。

アピゲニン
 複数の治験でアピゲニンは抗酸化、抗炎症そして抗腫瘍結果があり、毛髪の成長を刺激することが示されました。皮膚乳頭細胞にある男性ホルモンを誘発するトランスフォーミング増殖因子β(TGF-β1)が、毛包に髪の成長期を終了させる信号を伝達し、そして退行期へと移行させます。ある実験では、アピゲニンを与えた人間の表皮角化細胞はTGF-β1の発生レベルが減少し、従って乳頭細胞と角化細胞両方が増殖しました。マウスの毛包器官培養を使った実験では、アピゲニンは毛髪生育の成長期に必要なプロセスである、毛包の伸長を刺激しました。フラボンとしてアピゲニンは抗炎症結果を発揮します。マウスを使った成分の生体内の抗アレルギー作用の研究で、研究者はアトピー性皮膚炎、皮膚の湿疹が特徴の慢性炎症障害に対して食事にアピゲニンを混ぜる食餌療法実験を行いました。食餌療法により皮膚の障害は著しく軽減されました。日光などの紫外線により引き起こされる皮膚腫瘍に対する防御結果があることが知られており、人間の角化細胞を使った研究でアピゲニンは、過剰に存在すると癌を誘発する重大な役割があるCOX-2タンパク質を抑制することが発見されました。
 
カフェイン
 アクティブなカフェインはテストステロンの正常化に寄与します。男性型脱毛は個々のテストステロンに対する感度により起こることが知られており、毛包にダメージを生じさせて脱毛に繋がります。キサンチンアルカロイドのカフェインは、中枢神経系で人間に対する刺激物として作用し、眠気を追い払い覚醒させます。ドイツの大学で、若い男性の頭皮から採取した毛髪を使いホルモンに関連する毛髪の減退の最初のステージの研究が行われました。
その研究で毛髪器官培養を4つの成分でテストしました:
1)養分ベースの溶剤、2)テストステロンの溶剤、3)カフェインの溶剤、4)カフェインとテストステロンの混合レビタCORコンディショナーのようなカフェインを含んだ溶剤は毛髪の損失を防ぎそして毛髪の成長を奨励し、その一方でテストステロンのみのものは毛髪の減少を生じました。カフェインを使うことにより、平均成長は46%増加し、毛髪のライフサイクルは37%伸びたという結果が示されました。
 
朝鮮人参
 現代科学により、通常朝鮮人参と呼ばれるパナクス属の地下茎は毛包の寿命を伸ばし、酸化防止結果があり、免疫力を高めそして他の多くの結果があることが示されています。アポトーシス(遺伝的に決まった細胞の自己崩壊プロセス) に影響する数種類の植物抽出物が調査されました。複数の公開されたマウスの毛包の実験で、朝鮮人参はアポトーシスを防止しました。それはガンマ線を照射した後でも毛包の骨髄細胞の形成も助けました。アポトーシスのプロセスの調整による、がん細胞に対する治療などの細胞死の刺激と、毛包の成長を促す治療のような細胞死の抑制は、両方とも研究者にとって大きな関心事です。朝鮮人参の植物化学物質は幅広く使われており治療結果を証明しています。加水分解朝鮮人参サポニン4基は、次世代のヘアーケア製品のための調整剤として開発されてきました。朝鮮人参サポニンのアグリコンからの疎水性グループがその成分に含まれており、それは生物学的にアクティブでその最も重要な治療成分と考えられています。表面の張り、伝導性、臨界ミセル濃度、毛髪への吸収、張力そして湿分保持などの結果が広く研究され、科学的に示されています。
 
ナノ銅ペプチド
  銅ペプチドとして知られているアミノ酸グループには二つの主な結果があります: 1)強力な抗炎症作用により組織が損傷した後の酸化によるダメージを抑制する結果
2)組織再築作用で損傷したタンパク質と傷ついた組織を除去して正常な組織への置き換えを促進する結果
レビタCORコンディショナーに配合された、新しいナノ銅ペプチド(ナノ技術により極微粒子化)はさらに深く組織に到達し、さらに結果が高まりました。銅ペプチドは、傷の治療に主に使われています。それらはコラーゲンの製造も刺激し、そして酸化防止物質の活動を拡大させます。大学と他の研究機関で行われた実験で、銅ペプチドは髪の移植成功率を向上させ、毛包のサイズを増大し、毛髪の成長を刺激しそして髪の損失を低減することが分かりました。サンフランシスコ大学負傷センターの科学者達が行った、ある先駆的実験で、合成銅ペプチドが重い傷がある数名の患者に適用され、30%も早く回復し、そして意義深い毛包細胞の刺激による生成が起こりました。あるトリペプチド複合体が傷の場所から新しい毛髪を生じさせました。この発見により、同じ銅ペプチド複合体が90パーセントの脱毛症(髪を損失した)の女性患者に適用されました。6ヶ月後、彼女はほぼ全ての毛髪を取り戻しました。銅ペプチド技術の権威、ローレン・ピッカート医師は頭皮へのタンパク質注射と似た方法を用いました。その後の化学療法と毛髪移植テストで、さらに刺激による強い毛包を生み出す素晴らしい成功を導き出しました。表面の張り、伝導性、臨界ミセル濃度、毛髪への吸収、張力そして湿分保持などの結果が広く研究され、科学的に示されています。
 
スピントラップ
 この成分はフリーラジカルの活動を測るために使われ、スピントラップもさらに安定した複合体を生み出すために用いられています。他のものを測る、最も普通に使われているスピントラップがα-フェニル-N-tert-ブチルニトロン(PBN)です。 10年以上に亘る研究でPBNと他のスピントラップがテストされてきました。スピントラップが生体システム内で強力なフリーラジカル抑制能力があり、そして様々な症状を治癒し、組織の損傷から保護し、ビタミンCとEのような酸化防止物質で補完されていることを発見しました。スピントラップは、NF-κ-B-統制サイトカインを調整して炎症誘発性疾患に関連する窒素酸化物シンターゼを誘導します。毛髪の損失の治療と毛髪を成長させる刺激などの特定の細胞機能不全を改善する方法の一つがニトロソまたはニトロンスピントラップの管理で、それは高エネルギー酸素と水酸基フリーラジカルにより幾らか作用します。これらの溶剤はスーパーオキサイドと窒素酸化物の反応を抑制し、ペルオキシ亜硝酸を生成します。PBNは脱毛に対して毛髪成長を刺激する役割を果たします。毛髪ロスのタイプにより、毎日患部に用いることで将来の毛髪の損失を抑制して成長率、髪の毛の直径そして毛包の再生を向上することが可能です。
 
グルコン酸亜鉛
 亜鉛は300以上の酵素の適切な機能に必要で、そしてそれは数々の生物学的プロセスで現れます。それは酸化防止スーパーオキシドディスムターゼの共同因子で、そして炭水化物とタンパク質の代謝の多くの酵素反応に作用します。免疫システムに対する亜鉛の働きには、Tリンパ球、CD4細胞、ナチュラルキラー細胞とインターロイキンⅡを正常化などがあります。それは特に火傷と外科切開の後の傷を治癒する役割があります。亜鉛は、抗ウィルス作用があります。患部への適用は安全で結果的であることが証明されています。脱毛治療における亜鉛の効能の試験が増加しており、良好な結果を示し、新たな将来的な研究分野を開拓しました。亜鉛の治療結果の調査で対象となっている他の皮膚疾患は、ニキビ、普通の腫瘍、足の潰瘍と疱疹です。亜鉛の欠乏は毛髪のロスと傷の回復の遅れと結びついています。

栄養成分
レビタCORに含まれている数種の成分は、毛包に養分を与えるように配合されています:アルギニン(窒素酸化物の前身)、シトルリン(アミノ酸)、イノシトール(循環アルコール)、ルピナス抽出物(ペプチドとビタミン)そしてチロシン(アミノ酸)。
 
アルギニン
 アルギニンは窒素酸化物の形成を助けて毛包に栄養を与え活動を正常化させます。アミノ酸は窒素酸化物の前身代謝物質で、分子、血管拡張神経に重要な信号を送り、皮膚の細胞機能を調整するため、レビタCORコンディショナーはアルギニンを組み入れました。窒素酸化物の化学的通路が毛髪細胞の中にあります。細胞内の窒素酸化物の増大は毛包部のサイズの増大に現れます。窒素酸化物は血管を緩和し拡張を促すことで毛包の血流を増やし、毛髪が適切な栄養分を受け取れるようにします。また、血流、メラニン形成、傷の治癒そして過剰増殖皮膚疾患の正常化などの皮膚システムの様々な生理学的そして病態生理学的処置の重要な調停役として機能します。多くの研究は、現在人間の毛包と髪のサイクルにおける窒素酸化物の役割に注目しています。ベルリンでの研究では、人間の乳頭細胞が物質を生み出すことを示しました。研究者達は、それはそれらの細胞中の信号伝達分子と、基底そして男性ホルモンを仲介する窒素酸化物の生成物が毛包の活動を正常化する働きがあるためであると考えています。窒素またはアンモニアの酸化により合成された有毒ガスである、窒素酸化物は、大気中と全ての哺乳類の体内に存在しています。ガス自体の潜在的危険性を無くして、毛包の窒素酸化物を最適化するために、化学的前駆体のアルギニンが安全な代替物として使われています。この準必須アミノ酸は、細胞分裂、傷の治癒と免疫機能で重要な役割も担っています。クレアチン組成には、タンパク質合成を刺激する化学物質が必要です。それは人々が重い病気に罹るのを防ぎます。アルギニン欠乏の症状には毛髪の損失、皮膚の発疹と傷の回復の遅れなどがあります。レビタCORコンディショナーにアルギニンを追加した理由は、血流の改善と毛包への滋養そして全体的な毛包の活動の正常化で、それにより毛髪繊維が太く成長します。
 
シルトリン
 レビタCORは、オルニチンからアルギニンの変換で形成されたアミノ酸のシルトリンが豊富で、毛包の毛髄質と根の鞘の内側にあります。シルトリン血症は、血と尿内のシルトリン過剰を伴うアミノ酸代謝障害で、毛包の栄養不足により、上皮の収縮、薄く短いコラーゲンの束、ジストロフィー弾性繊維などの皮膚の変化をしばしば伴います。減少したシルトリンの分析で、研究者達はブロンド繊維の退行と脆弱化そして反対方向の不透明な繊維束などの変化を見つけました。アミノ酸分析は、アフリカ人の毛髪を真っ直ぐにするための緩和剤がしばしば繊維にダメージを与え、脆弱さが増して期待してたよりも短くなってしまうことを明らかにしました。シルトリンの減少は全ての直毛にされた毛髪に見受けられました。緩和剤は炎症を引き起こしてシルトリンの減少を伴います。
 
イノシトール
 イノシトールは、甘い結晶状の立体異性体の循環アルコールです。イノシトールが不足したダイエットは動物実験で脱毛を生じると研究者は報告していますが、ビタミンが回復すると毛髪は再生します。男性が最も影響を受け易い模様です。似たような結果が人間の患者でも生じると医師が報告しています。イノシトールは湿分を保つことで毛髪を強くすることが知られています。イノシトールは、生体組織の主要エネルギー源であるグルコースと同じ化学式を持っています。それは細胞の代謝生成を助けて環境からのメッセージに応答します。そのリン脂質は、外部からの細胞核へのメッセージを中継するための信号変換の重要な役割を担っています。非必須のビタミンB群複合体は少量が体に必要で、イノシトールまたはそのリン脂質と関連する脂質はシリアル、玄米、木の実、豆そして果物に自然に存在しています。
 
ルピナス
 ルピナス、特に地中海原産のホワイトルピナスは、ペプチド、微量元素とビタミンが豊富な植物です。ルピナス抽出物は治験で毛包を刺激して毛髪の再活性化を促すことが証明されています。それは毛髪サイクルの3つの面で作用します:酵素、代謝、血管。酵素について、ルピナス抽出物は、男性型脱毛症を生ずる酵素、5α-還元酵素を抑えることでホルモンバランスを回復させます。正常な人間の線維芽細胞のテストでは、抽出物は男性ホルモンの、縮小化と呼ばれる毛髪直径の減少を生じる5α-ジヒドロテストステロンへの変換を抑制しました。代謝的に、ルピナス抽出物は毛包細胞内の活動を刺激し、ケラチン化と新しい毛髪繊維の成長を促進します。アルギニン成長期の間、細胞は連続して分裂して毛髪を生成し、繊維を表面へ押し上げます。ルピナス抽出物はペプチド、亜鉛と鉄分を提供して毛髪球根細胞の代謝活動を刺激してケラチノサイト分化を増進させます。血管について、ルピナス抽出物は、新しい毛髪を作るために供給される血漿の発達を促します。研究では、それは血管内部の成長要因の統合を増進させ、さらに良好な栄養供給を促進するために毛包の血管システムの密度を高くします。
 
チロシン
 研究によりチロシンはストレスホルモンレベルを下げることにより、ストレス、風邪、疲労、離婚、愛する人の喪失と睡眠不足の状態に有効であることが発見されました。人間に対する治験で、認識力と身体的能力が改善されたことも注目に値します。タンパク質の加水分解で生じた石灰酸アルファアミノ酸結晶のチロシンは神経伝達物質の前駆体で、プラズマ伝達レベル、特にドーパミンとノルエピネフリンを増大させます。皮膚とその付属器官、特に毛包はチロシンが中で鍵となる役割を果たす表皮成長要因受容体ネットワークで、生物学中最も複雑な信号システムの一つです。皮膚、頭皮と毛髪の組織の恒常性と適切な発達のためには、その正確な働きが必要です。その抑制が無いと、細胞増殖と分化に欠陥が生じてしまいます。その結果、傷の回復の弱力化と毛包の構造的そして機能的欠陥などが生じます。チロシンキナーゼ受容体は基幹細胞の増殖と分化も活発にします。毛包内で、ケラチノサイトと代謝系統の基幹細胞は各々毛髪の成長と色に影響を与えます。

進化したコンディショニング成分
レビタCORに配合された2つ以上の成分が進化したコンディショニング能力を与えています:
ビオサイチントリペプチド-1(頭皮コンディショニング)とナイアシンアミド(異種環状アロマ成分)です。
 
ビオサイチントリペプチド-1
 頭皮コンディショニング成分は、皮膚細胞の代謝を刺激して毛包の老化に退行して毛髪の損失を防ぎ、ビオサイチントリペプチド-1が細胞をまとめる結束要素の製造を拡大して、ジヒドロテストステロンにブロックされない限りコミュニケーションを促進します。それは皮膚の血流を増進し、栄養を回復させて毛包を小型化します。トリペプチド-1はタンパク質由来の分子で3つのアミノ酸残基を含んでいます:グリセリン、ヒスチジン、リジン。ビオサイチントリペプチド-1は、糖タンパクと繊維結合構成要素のラミニン-5の合成を促進します。それは繊維タンパク質、主要少繊維構成要素と骨の有機物質、コラーゲンIVも促進します。これらの活動は、細胞が多くの再生プロセスに入る、ジヒドロテストステロンが大きなダメージを与える可能性のある真皮と上皮の境界層で特に重要です。 35人の脱毛症の男性ボランティアを対象にした4ヶ月の治験で、18人にビオサイチントリペプチド-1を含むヘアーローションを使い、17人にプラセボを使いました。トリートメントの後、毛髪のテロゲン休止期に対するアナゲン成長期の割合が67パーセントのボランティアで増加し、それは46パーセントまで増加しました。毛包鞘が厚くなりしっかりと根付きました。
 
ナイアシンアミド
 生体組織内で、ナイアシンアミドは変換されナイアシンを形成し同じように使われます。ビタミンB3の構成要素であるそれは、酵母や他の食品に自然に生じます。生体化学式では、ナイアシンアミドはニコチンアミドとも呼ばれ、コンディショニング成分として機能する異種環状アロマ成分です。スキンコンディションのトリートメントのためのニコチンアミドの効能はここ数年間数多くの研究で報告されており、現在基礎アミノ酸の結晶はモイスチャライジング、アンチエイジングと赤ニキビのための先進的製品の中に配合されています。その成分はプレミアムヘアーコンデショナー、ハンドクリーム、顔面パック、ローション、パウダーとスプレーで使われています。ニコチンアミドとナイアシンは共に皮膚から容易に吸収され、皮膚に関する有毒性の研究では重大な反作用は確認されていません。ナイアシンアミドの治験では高濃度でも刺激感覚は生じませんでした。その成分は刺激性、増感性、感光性ではありません。ナイアシンアミドとナイアシンは厳しい日本とヨーロッパ当局の患部適用剤としての認可を受けています。事実、ナイアシンアミドは発癌性物質の影響を緩和する働きもあることが発見されています。

■使用方法
ボトルのポンプヘッドをOPENの方へ回します。最初の使用時は、数回ポンプを押すとコンディショナーが出てきます。
髪をシャンプーした後、レビタCORコンディショナーを頭皮全体にマッサージーするように塗ってください。
そして、その2分間後に洗い流してください。

■配合成分




参考情報
ご注文からお受け取りまで l 関税等 l FAQよくある質問 l 商品デリバリー等最新情報 l サイト マップ l 奇跡の発毛

ショップ情報
特定商取引に関する法律に基く表示 l 発毛祈願・玉垣御奉納実施 l 商品リクエスト