奇跡の発毛・育毛




■脱毛の原因

最近抜け毛が増えた。朝起きて枕を見るとかなりの本数の髪が付いていた。
頭皮にさわるとなんか脂っぽい。仕事で生活のリズムが乱れている。食事は外食ばかり
偏食をしている。毎日頭を洗っていない。最近ストレスの為かイライラする事が多くなった。
タバコの本数が増えた等々・・・。
言うまでもなくこれらは最初数本の抜け毛から始まり脱毛への原因になります。
また男性ホルモンの過渡の分泌や遺伝性のものそしてヘアダイ(毛染め)やパーマ液など
直接頭皮にダメージを与えるものなどもその原因と言われていますがその真偽はいかがな
ものなのでしょう?

■薄毛になる原因の真偽

確かに臨床実験によれば男性ホルモンを過剰に与えた被験者は頭の毛が抜けるという報告
もあります。よく絶倫な人にいわゆるハゲが多いなどという話もまんざら嘘ではないようです。
男性ホルモンの一つDHT(ジヒドロステロン)が抜け毛の原因の一つであるという事も最近の研究で
解明されています。
また最近の美容院などでのヘアダイやパーマなど薬品が頭皮に与える影響を調べてみると
個々の体質などにもよりますが美容師自身のスキルが未熟である結果、薬品を充分に施行後
洗い流していないなど結果長時間に渡り頭皮に害があるとされる薬品が付着していた為抜け毛の
要因を作ってしまう事もあるようです。
ただ全般的な原因として現代社会のさまざまなストレスが結果的に近年さかんに話題になる活性
酸素を防ぐ体内システムを破壊している事が顕著な要因であるようです。
癌の死亡原因にもストレスは上位に揚がっています。ストレスが私たちの体を蝕む、つまり内臓諸
器官に悪い影響を与えることはその統計が証明しています。
規則正しい生活また食生活が難しくなってきた現代、偏食などで抵抗力や免疫力のない弱っている
体にさらにストレスでやっつけられれば殆どの方々がその悪玉にやられてしまうでしょう。

■ハゲにならない対策

現代は男性だけでなく女性にも薄毛で悩む方が増加しています。それは女性の育毛剤や薄毛を隠す
為のかつらなどが売れているという実態からもわかります。
もはや薄毛は男性のみならず女性の深刻な悩みでもあるのです。
個人差によりますが健康な方でも毎日約50本から100本は髪の毛が抜けるといわれています。
ただそれはいわゆる新陳代謝のようなものでまた新しい毛髪が生まれるのです。
薄毛はその抜け毛髪と新しく生産される毛髪の量のバランスがくずれた、つまり髪の毛が生まれ変わる
力が何かの原因でなくなった結果の現象なのです。(抜け毛>生産される毛)
抜け毛が気になりだしたら新たな発毛を考えるよりもまず抜け毛をこれ以上増やさない、なんとしてもくい
止める事を考えなければなりません。


1.規則正しい生活をする。
2.バランスのとれた食生活をする。
3.意識的にストレスをなくす。
4.喫煙を減らす。
5.常に頭皮を清潔にする。
6.頭皮にダメージを与えない。
7.シャンプー時には指の腹で頭皮を軽くマッサージする。(強く擦らない。爪を立てない。)
8.熱さが感じられるほどドライヤーの熱風を頭皮にかけない。
9.肉中心の食生活から常に野菜を取り入れた食生活をする。
10.充分に睡眠をとる。


一応列挙しておきましたが・・・まず現在働いている方々は以上の事柄を全て実行する事はまず
無理だと思います。ですからまず直接頭皮に関係する一つと生活の部分での事柄を一つでも実行
して頂ければかなり毛髪を守るという事においては進歩です。
例えばタバコの本数を一日20本から10本に減らす。毎日正しいシャンプーの方法で頭皮を清潔に
保つ・・・など。
話は少し逸れますが、現実的なダイエットの提唱者は無理なダイエットは百害あって一利なし・・・と
言います。
まず長続きしない。リバウンドする。体調を崩し抵抗力がなくなり病気がちになる・・・など。
常識的に考えても職業がモデルなど特殊でない限りそんなに極端に痩せる必要はないのです。
過去怪しい中国製のダイエット食品で死亡した方々も存在する実態を考えると全く命と自分の体形
のどちらが大切かと問われたら答えは言うまでもありません。
なにが言いたいのかといいますと育毛や発毛に関してもなるべく無理のない、出来れば今の生活リズム
を変えないで楽に出来る方法しか長続きせずそれこそシャレではありませんが三日坊主になってしまいます。

■グウタラ育毛法

以上の一つか二つの頭皮に良い事をし、さらに現代は育毛をサポートするサプリメントも登場しています。
さらに世紀的発明とされるミノキシジル配合の育毛トニックなど臨床試験で画期的な結果を証明した昔では
考えられなかった育毛剤が販売されています。
薄毛で悩む方々が全世界的に増加の一途を辿る現在世界中の製薬メーカーは育毛に関するトニックの
開発に莫大な予算を投じています。このマーケットはダイエット産業に勝るとも劣らないドル箱なのです。
事実前述の臨床試験で被験者の発毛の試験結果の驚異的な数字を見ても一昔前の”効くのか効かないのか
わからない”的な有象無象な製品ではなく現代は結果を出す製品が販売されています。
常識的なまた普遍的な育毛法と同時に最先端の世界的に認知されているサプリメントや育毛トニックなどを
効果的に利用してみたらいかがでしょうか。
やはり楽に長く毛髪のケアをするにはこのようなグウタラ育毛法が一番現代に適しているのではないでしょうか。


カークランド5%ミノキシジルには頭皮の血行を良くする事で血管を拡張させ結果
毛髪が濃くなる作用がある事で今や世界中で認知されているミノキシジル配合の
カークランド。
日本で発売されている発毛剤はその成分含有量がわずか1%です。
5%ミノキシジル配合のカークランド5%ミノキシジルは1%のものと較べてそのスピードに
格段の差があります。
以前ミノキシジルといえばロゲインのアップジョン社独占でしたがカークランドはジェネリック
品として発売されました。
ミノキシジル5%配合のカークランドは現在人気急上昇中です。


世紀的発明!ミノキシジルとは?

全世界的に今注目されているミノキシジルは元はアメリカで開発された高血圧治療剤なのです。
当時あらゆる臨床試験中に被験者の”体毛が濃くなる”という副作用が数多く報告された為、この
効果を利用し20数年前からミノキシジルの育毛の為の研究が開始されました。
今日本で発売されている育毛剤のミノキシジル含有量は1%です。
それに較べアメリカ製育毛剤は5%となんと5倍もの含有量です。


全世界的にいまだに売れ続けている圧倒的人気のロゲイン。
説明するまでもなくロゲインは今もグローバルスタンダード。
ミノキシジルの本家本元のロゲインの信頼性は抜群です。
男性用としてミノキシジル5%配合のロゲインをはじめミノキシジル
2%配合のロゲインもあります。

ミノキシジル含有量の重要性

■ロゲインやカークランドのミノキシジルは5%含有されています。
ミノキシジルは円形また壮年性の脱毛症に効果があると報告されています。つまり早期に手を打てば抜け毛などをくい止めまた新たな発毛も期待できるでしょう。
何故これ程までミノキシジルの含有量にこだわるのか?それはその含有量によりその結果も比例するからなのです。

■また育毛のケアは外からだけでなく内側からも必要です。これはサプリメント全般にも言える事ですがビタミンCやシステインまたCoQ10などを摂取し同時にCoQ10配合のローションやコラーゲンまた最近ブームの塗るボトックスなどで顔のお手入れをしていれば半年・1年後は全くお手入れをしていないまた特別なお手入れをしていない方と較べてその結果は顕著です

■中にはサプリメントなどなんの効果もない!という様な記事もたまに(最近はあまり見かけませんが)見かけますがその裏付けはビタミン類やミノキシジル・コラーゲン・システインなどが長期に渡り売れ続け世界中の人々から支持されているという現実を見ればその真偽は明らかです。

■最近は薬局またコンビニでもいろいろなサプリメントや育毛剤などが販売されていますが一度アメリカのサプリメントやドクターズコスメを知ってしまうとその後は継続的に利用されている方々が殆どです。
何故ならば日本では先進諸国には珍しく薬事法をはじめ医薬品また医薬品に準ずる販売にさまざまな規制がかけられておりアメリカなどの様に自由に最先端のサプリメントやコスメ等を購入するのは難しいからなのです。
つい最近まで海外のサプリメントやコスメなど世界的に認められブームの物を手にする事が出来たのは芸能人やモデルなど情報が早く手に入る限られた人達だけでした。
やはり「美しさ」や「若さ」を維持また手に入れるにはわずかなお金が必要です。ご自分の髪や皮膚・体に多少のお金を投資すればその見返りは期待出来るはずです。
ただ一朝一夕に・・・などというのは虫のよい話です。育毛の為には悪いとされるタバコの本数を減らしストレスを意識的になくす、規則正しい生活をする等々の努力?は不可欠です。

■毎日鏡に映るご自分の顔や髪・・・見慣れているだけであなたを知らない他人は電車やまた初対面の時ご自分で意識している以上にチェックされています。「見た目」・・・はやはり大切なのです。体形などもそうですが悪い意味で変化している事を許してしまったらそこからはブレーキは利きません。
「これでいいだろ・・・。」と思っているのはもしかしたらあなただけでまわりから見たら”とんでもない人”に見られているのかもしれません。

■育毛トニックなどと共に髪に良いとされる亜鉛やソウパルメット・ベータカロチンなどのサプリメントを摂る事をお勧めします。
1ヶ月・3ヶ月・半年・一年のスパンでその効果を見ながらまた発毛の楽しみを実感しながらヘアケアをスタートさせて下さい。
くれぐれも手遅れにならない内に・・・。


中国で誕生し長年の間愛用され続けているシェンミンは今や育毛サプリの代名詞です。
シェンミンは育毛をより一層サポートするブラックペッパーエキスやバイオペリンもさらに配合
しています。シェンミンは育毛トニックとの併用をお勧めします。



国産育毛剤ミノキシジル含有量の謎

■周知の通り日本製ではリアップが唯一ミノキシジル配合の育毛剤として有名です。
ただこの1%配合という数値は諸外国と比較してみてもかなり低い含有量です。
EU諸国はミノキシジル2%配合です。5%という高濃度ミノキシジルはアメリカ製のロゲインやジェネリック品として有名なカークランドなどのみです。
ロゲインでも女性用は2%、また男性用でも2%を発売しておりますがそれでも国産育毛剤の2倍の含有量です。
リアップのミノキシジル1%配合については諸外国と比較してその含有量の少なさは厚生労働省の認可がおりなかったとか他の大手製薬メーカーから圧力がかかったからとかいろいろな噂が飛び交っています。
その含有量が安全性を考慮した結果のものであるのか、他の理由があるのか謎ですが前述しました通りミノキシジルの含有量はその結果は大変重要なのです。
インターネットやブロードバンドが急激に普及した現在、医薬品やサプリメントに限らず日本だけではなく常に世界と比較して行く事が肝要と考えます。
ともすれば島国である日本に暮らす私たちが日本の狭い厳しい規制で縛られたこの常識は世界から見たら非常識、また世界レベルから大幅に遅れている事になっているのかも知れません。



ミノキシジル5%育毛トニック

薄毛頭の神頼み

EDの克服